名古屋の中学受験R4偏差値と大学進学実績(2021年更新版/男子校編)

今日は以前ご紹介した中学受験における偏差値と大学合格実績の最新情報をご紹介します。

以前ご紹介したこちらの記事では大学合格実績が2020年4月入学者の入試に対する数字でした。

今回、各学校の2021年4月大学入学者の進学実績が揃ってきましたので、情報更新をさせていただきます。

全部で5回を想定しており、
Part1:私立男子校 ※今回
Part2:私立女子校
Part3:私立共学校
Part4:公立高校
Part5:まとめ
といった形にする予定です。

なお、名古屋子育て情報局では、生徒数が異なる学校の比較において絶対数のみを紹介するのは正しい分析とは言えないと考えており、生徒100人あたりに換算した数字も必ず併記するようにしています。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

    • 概ね進学実績は中学入試時点の偏差値通りの結果だった
    • 東海高校は旧帝大、難関私大、医学部全ての面において他2校を圧倒している
    • 名古屋高校は中学受験組の実績が良く、特に旧帝大の実績は明らかに南山男子を上回っている
    • とはいえ南山男子の実績が悪いわけではなく、私大の実績は名古屋の中学受験組とほぼ同等である
      (重複を除いた実進学先を見ても3割超は関東関西の難関大学に進学している)

    詳細は以下をご確認ください。

    スポンサーリンク

    偏差値と進学実績の結果

    本記事の各数字は以下の前提で記載しています。

    • 2021年8月19日時点の最新情報
    • 大学合格実績は2021年4月に大学に合格した人の実績
    • 中学の偏差値は2021年4月に中学に入学した人の実績
    • 各学校の実績情報の元データはページ最下部に掲載したものより作成
    • 各学校の1学年人数は基本的に中学の募集人数+(ある場合は)高校の募集人数
      ただし、公式ホームページにて高校3年生の人数が明言されているものはそちらを採用

    旧帝大+一橋+東工大

    結果は以下の通りとなりました。

    21年私立男子校進学実績(旧帝大)結果

    引用元:以下の各ホームページ掲載情報・配布資料より作成
    東海高校実績:こちら
    名古屋高校全体実績:こちら
    名古屋高校中学受験組実績:学校説明会配布資料
    南山男子実績:こちら
    日能研偏差値:こちら
    名進研偏差値および実質倍率:名進研配布資料「名進研中学入試データ集2021」より

    旧帝大+一橋+東工大の結果は上記の通りで、概ね中学受験時の偏差値通りという結果になりました。

    特に東海高校は圧倒的な実績を残しており、東海地区男子校No.1の名に恥じない実績ではないでしょうか。

    また、名古屋高校は中学受験組の実績が名古屋高校の全体実績よりも明確に良く、中学時から小テスト等で細やかな対応をしている点が実を結んでいるのではないかと感じます。

    スポンサーリンク

    MARCH以上関東私大

    結果は以下の通りとなりました。

    21年私立男子校進学実績(MARCH以上関東私大)結果

    引用元:以下の各ホームページ掲載情報・配布資料より作成
    東海高校実績:こちら
    名古屋高校全体実績:こちら
    名古屋高校中学受験組実績:学校説明会配布資料
    南山男子実績:こちら
    日能研偏差値:こちら
    名進研偏差値および実質倍率:名進研配布資料「名進研中学入試データ集2021」より

    こちらもほぼ偏差値通りの結果となっていますが、東海⇔名古屋中/南山男子の差は旧帝大+一橋+東工大の結果よりは大きくないです。

    重複合格があるため、合計値を単純に考えることはできませんが、地元志向が強い名古屋において、早慶上智、MARCHそれぞれの生徒100人あたり合格数が東海は40以上、南山男子と名古屋は20程度ある、というのは良い結果なのではないでしょうか。

    関西難関私大(関関同立)

    結果は以下の通りとなりました。

    21年私立男子校進学実績(関関同立)結果

    引用元:以下の各ホームページ掲載情報・配布資料より作成
    東海高校実績:こちら
    名古屋高校全体実績:こちら
    名古屋高校中学受験組実績:学校説明会配布資料
    南山男子実績:こちら
    日能研偏差値:こちら
    名進研偏差値および実質倍率:名進研配布資料「名進研中学入試データ集2021」より

    こちらもほぼ偏差値通りの結果となっていますが、東海⇔名古屋中/南山男子の差は上記2つと比較するとかなり縮まっている印象です。
    (もしかしたら東海は医学部志向、関東志向が強いだけかもしれませんが)

    なお、名古屋中は同志社大学、立命館大学、関西学院大学の3校と特別協定を結んでおり、推薦枠が多く、2021年は合計で73人の枠があったようです(推薦枠の詳細は後述します)

    その他特記事項と参考データ

    東海高校

    東海高校は「医学部予備校」とも言われるぐらい医学部志向が強く、2021年の結果も素晴らしいものでした。

    特に国公立大学の医学部合格数が93となっており、この結果は全国で見てもトップレベルと考えて良いと思います。
    (なお、93のうち、東京大学(3)、京都大学(4)、名古屋大学(30)の3つだけで1/3以上になります)

    これまでの結果も合わせて考えると、東海高校は

      • 旧帝大レベルの実績は圧倒的
      • 難関私大も他2校の男子校の2倍以上の合格数
      • 医学部は全国上位レベルの実績を誇る

      といった感じで、東海地方No.1の名に恥じない内容でした。

      東海高校実績使用データ

      21年東海高校実績データ

      引用元:東海高校公式ホームページより

      名古屋高校

      名古屋高校は中学受験組の実績が明らかに良いのが特徴的でした。

      特に旧帝大+一橋+東工大は人数条件を揃えたとしても南山男子の倍の合格数を誇り、この面では明らかに南山男子を抜いたと言って良いと思います。

      一方で、難関私立大学については、南山男子⇔名古屋(中学受験組)の差はほぼないと言って良いと思います。

      なお、名古屋中学受験組のみの合格実績はホームページには載っておらず、説明会で配られる資料のみに記載があります。
      こちらの資料には指定校推薦の内容も詳しく載っており、2021年の実績は
      早稲田:6人
      慶応:1人
      ICU:1人
      明治:3人
      青学:7人
      立教:4人
      中央:3人
      東京理科:4人
      学習院:2人
      南山:13人
      となっていました。

      また、前述の関西私大特別協定枠については
      関西学院:40人
      同志社:21人
      立命館:12人
      という非常に多い枠を持っている事が記載されています。

      こういう推薦枠が明記されている資料は珍しいですね。

      名古屋高校実績使用データ

      21年名古屋高校実績データ

      引用元:名古屋高校公式ホームページより

      南山男子

      南山男子は主な大学については重複を除外した実際に進学した先まで資料に載っており、以下のような結果だったようです。

      21年南山男子の進学実数

      引用元:南山高校男子部公式ホームページより

      これを見ると、早慶上理 + MARCH + ICUに進学したのは31人、関関同立に進学した人は18人となっており、一般的に難関私大と言われる大学に進学したのは49人という事が分かります。
      上記に、合格して進学しなかったという可能性が低い旧帝大+一橋の13人を加えると、いわゆる難関大学に実際に進学した人数は60人を超える事になります

      他校の重複を抜いた進学実数が発表されていないので比較は難しいですが、南山男子が1学年200人の少人数校であることを考えると、3割超の生徒が難関大学に進学しているというのはなかなか良い結果ではないでしょうか。

      一方で、東海と名古屋のパートで触れましたが、2021年は旧帝大+一橋+東工大の結果が名古屋高校の中学受験組よりも明確に芳しくない結果となり、この点は差があると考えて良いと思います。

      南山男子実績使用データ

      21年南山高校男子部実績データ1

      21年南山高校男子部実績データ2

      引用元:南山高校男子部公式ホームページより

      今回は以上です。

      皆様の参考になれば幸いです。


      コメント

      タイトルとURLをコピーしました