中学受験R4偏差値2021年結果と進学実績比較

今日は以前ご紹介した中学受験における偏差値のお話の最新情報です。

なお、本記事で紹介するR4偏差値というのは「日能研全国公開模試」の結果が反映された全国基準の偏差値で、以下のように説明がなされています。

R4偏差値とは合格可能性を示す数値で、偏差値による合格率の各段階(RANGE=レンジ)を示し、『R4=80%、R3=50%、R2=20%』を意味します。

引用元: 日能研公式HP

つまり、R4偏差値=合格率80%の偏差値、ということです。

偏差値については中部地区で絞るのか、全国基準なのか色々な考え方があり、各塾によってかなりの差があります。

そのため、この記事でご紹介する偏差値は関東地方で開成、麻布といった超上位校を受けるような生徒も含まれた偏差値となります。

また、今回使用するR4偏差値は母数が「日能研全国公開模試を受けた人」となるため、「中学受験をする人のなかでの偏差値」となります。
そのため、仮に偏差値が50を切っていたとしても、全国の小学生の半分より下、というわけではないので注意が必要です。

スポンサーリンク

2021年結果R4偏差値

男子の結果

男子のR4偏差値は以下の通り変化なしです。

東海中学:R4偏差値60

滝中学:R4偏差値59 ※共学

名古屋中学:R4偏差値51

南山中学男子部:R4偏差値50

愛知中学:R4偏差値43 ※共学

出典: 日能研公式ホームページより

公開情報は上記の通りです。

数年前に名古屋中学が南山男子を偏差値で抜いており、それがそのまま定着しつつある印象です。

ただ、実は南山男子のR4偏差値で出されている「50」という数字については合格率が80%を切っており、募集人員および志願者数が少ない(=母数が少ない)こともあり安定していない印象はあります。

女子の結果

女子のR4偏差値は以下の通りで、若干の変化があります。

南山中学女子部:R4偏差値61

滝中学:R4偏差値59 ※共学

愛知淑徳中学:R4偏差値50

聖霊中学:R4偏差値43(昨年45)

愛知中学:R4偏差値43 ※共学

金城学院中学:R4偏差値41(昨年42)

椙山女学園中学:R4偏差値39(昨年40)

出典: 日能研公式ホームページより

公開情報は上記の通りです。

女子の場合、合格発表の日程が例年と異なるスケジュールとなった影響で、併願校の選択が例年と異なったことも影響している可能性があります。

また、聖霊中に関しては、以前の記事でご紹介した通り、「聖霊中は2016年よりVAP入試というAO入試に近い通常ではない入試がメインとなった」ということもあり、上記の学科による入試の合格者数が減少した結果、R4偏差値が安定していないのだと思います。

入学時偏差値と進学実績の関係

当たり前と言えば当たり前なのですが、以前の進路マップの記事でもご紹介した通り、

私立中学入学の意味のひとつは大学入試を見据えた教育を早期に受けられること

であり、

大学入試を考えるのであれば、重視すべき要素は入試の偏差値ではなく進学実績です

※もちろん、校風等、大学入試以外にも重視すべき点はあります

以前も各校紹介で掲載しましたが、各校の2020年大学入試実績をまとめてみました。

スポンサーリンク

男子編

男子の結果は以下の通りとなりました。

なお、書いてある通り、各学校の高校における1学年人数が大きく異なるため、100人あたりに換算した表も作成しています。

もちろん、併願で同一人物が複数合格しているケースが含まれるため参考値としての指標ですが、100人あたり人数を見ると結構イメージが変わるのではないでしょうか。


引用元:以下の各学校公式ホームページによる結果発表より作成
東海高校:https://www.tokai-jh.ed.jp/profile/04.html
滝高校:https://www.taki-hj.ac.jp/content/download/6212/31602/file/2020%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%B5%90%E6%9E%9C%200402.pdf
名古屋高校:https://www.meigaku.ac.jp/wp-content/uploads/2020/04/cdeaf6bf272bd83812df9288e99a8e88-1.jpg
南山男子:http://www.nanzan-boys.ed.jp/course/item/2020%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%90%88%E6%A0%BC%E7%8A%B6%E6%B3%81.pdf
愛知高校:https://www.aichi-h.ed.jp/hs/aftergrad/approved/
ただし、滝高校の私立大学結果は未掲載だったためhttps://school.js88.com/scl_h/22011490?page=8を参考にした

個人的には、
大学ではMARCH、関関同立レベルを目指す
ということを目標にする場合、東海高校を除けば、
中学入試における偏差値による差は縮まっているのではないかという印象を持ちました。

もちろん、東大・京大を目指す場合は東海高校に優位性があったりといった差分は明確にあります。

また、上記の通り、名古屋中学が南山男子を抜いたのは数年前のため、あと3-4年は大学進学実績に反映されないと思います。
そういう意味でも、今後の変化に注目ですね。

女子編

女子の結果は以下の通りとなりました。

男子と同様に、各学校の高校における1学年人数が大きく異なるため、100人あたりに換算した表も作成しています。

なお、聖霊高校はVAP入試により偏差値が大きく変化しましたが、その導入後の生徒の大学進学実績が出るまであと1-2年はかかるため参考値となります。


引用元:以下の各学校公式ホームページによる結果発表より作成
南山女子:http://www.nanzan-girls.ed.jp/schoollife/088f9246a06e9bd50dd36bce745835e8e851e05b.pdf
滝高校:https://www.taki-hj.ac.jp/content/download/6212/31602/file/2020%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%B5%90%E6%9E%9C%200402.pdf
愛知淑徳:http://www.aichishukutoku-h.jp/03_life/02-1_passing.html
聖霊:http://www.seto-seirei-js.ed.jp/docs/2020webkekka.pdf
愛知高校:https://www.aichi-h.ed.jp/hs/aftergrad/approved/
ただし、滝高校の私立大学結果は未掲載だったためhttps://school.js88.com/scl_h/22011490?page=8を参考にした

男子と同様、東大・京大や旧帝大、早慶上智といったトップ層を狙うのであれば南山女子や滝高校の実績が良いですが、MARCHや関関同立の実績は愛知淑徳高校と滝高校、南山女子で大きな差が無いように見えます。

やはり、大学の目標をどこに置くかでこの数値の見え方は変わってくると思います。

(参考)偏差値って何?

以前書いたものそのままですが、おさらいです。

偏差値という言葉はよく聞きますが、実はなかなかイメージしづらいですよね。
なので、仮にデータの分布が正規分布(データが平均値の付近に集積するような分布)だとすると、偏差値と順位の関係は以下のようになると覚えておけばイメージしやすいと思いますので再掲しておきます。

【偏差値70~50の順位イメージ】
偏差値70→上位2.28%
偏差値69→上位2.87%
偏差値68→上位3.59%
偏差値67→上位4.46%
偏差値66→上位5.48%
偏差値65→上位6.68%
偏差値64→上位8.08%
偏差値63→上位9.68%
偏差値62→上位11.51%
偏差値61→上位13.57%
偏差値60→上位15.87%
偏差値59→上位18.41%
偏差値58→上位21.19%
偏差値57→上位24.20%
偏差値56→上位27.43%
偏差値55→上位30.85%
偏差値54→上位34.46%
偏差値53→上位38.21%
偏差値52→上位42.07%
偏差値51→上位46.02%
偏差値50→上位50.00%

つまり、10,000人の人が受けたテストの成績分布が正規分布だったとして、288位まで人が偏差値70以上ということになります。

ただし、実際のテストの成績の分布は正規分布にはなり得ないので、あくまでイメージですよ。

今回は以上です。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました