モデルルーム訪問-ザ・パークハウス 名古屋- Part4

ザ・パークハウス名古屋のモデルルームを訪問しましたので数回に分けて報告致します。
今回はPart4の最後のまとめになります。

今回は
・子育て環境について
・まとめ
について書きます。

スポンサーリンク

子育て環境について

子育てという視点からこの物件を少し考えてみました。

まずは学校です。
Part1でざっくりとかきましたが、小学校はいわゆる普通の小規模な小学校です。
名古屋市が公開している2020年の「教育調査統計」(http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000062372.html)によれば、
・全校生徒数161人
・クラス数は1学年1クラスで20-30人
・低学年ほど生徒数が少ない(1年生は18人)
・教員数は13人(教員1人あたり約12.4人の生徒)
となっています。
教員1人あたりの生徒数は西区の平均値が約17.3人、名古屋市全体の平均値が17.0人であることを考えると教員の数では恵まれていると思います。

そして数は少ないですが、ネットの口コミを見ると、

・アットホームな雰囲気
・学年の違う先生も顔を覚えてくれる
引用元: みんなの小学校情報

といった意見もあるため、少人数な学校であるメリットはあるように感じます。
一方で、少人数な学校=クラス数が少ないというのはデメリットもあり、もしクラスに馴染めなかった場合でもクラス替え等の環境が変化する機会に乏しいため、その点はリスクがあると思います。
また、本物件は462戸もあるため、小学生のいる家庭はその5%程度、おおよそ20人、1学年3人程度は同じマンション内の生徒となることから、名古屋市の平均値通りであれば、クラスでも学校でも1割程度はこのマンションから通う子供になるのではないでしょうか。
そのため、少人数の小学校にこの物件の住人が1割以上入ることになるため、学校の雰囲気は多少変化が起こる可能性はあります。

名古屋市の世帯数情報から6歳以上15歳未満の子供がいる世帯は約8%であることを考えると、名古屋の小学校の子供を持つ世帯はざっくり5%程度ではないかと考えられる
参照元: 名古屋市ホームページ「世帯人員別世帯数(公簿人口 全市・区別)」より作成

次に中学校ですが、こちらは(※出典元は小学校と同じ)
・全校生徒数386人
・クラス数は1学年4クラスで30-40人
・教員数は31人(教員1人あたり約12.5人の生徒)
となっています。
教員1人あたりの生徒数は西区の平均値が約15.3人、名古屋市全体の平均値が15.1人であることを考えると、小学校同様、教員の数では恵まれていると思います。
ただし、学校までの距離は遠く、徒歩20分前後はかかる可能性があるため、そこは大きな負担になると思われます。
そしてネットの口コミを要約すると、

・いやゆる普通の中学校だと感じる
・いじめは皆無ではないがそこまでひどいものはない
・学力が高くないという話を聞いたことがある
・昔は荒れていたが今はそこまでではない
・設備は古いが汚いわけではない
引用元: みんなの中学校情報

といったものが書かれています。
もちろん、完璧な学校というものは存在しないと思いますし、上記口コミが100%正しいわけではないですが、少し気になるところではあります。

学校の他に子育てとして考えるのは周辺環境についてです。
おそらく、購入時の重要事項説明で話があると思いますが、近所にいわゆる嫌悪施設が存在しています。
これは、下の図のように、名古屋駅から帰る際のルートでショッピングモールを通らない赤いルートを通ると高確率で通る星印の「則武新町」の交差点に集中しています。


© OpenStreetMap contributors

どんな施設かはここでは明言を避けますが、今はGoogleストリートビューで容易に確認ができるため、事前に確認しておくことをおすすめします。
下に表示されない場合は、こちらから見ることが出来ます。

特に上記の通り、このルートは日常的に使用する可能性が相当高いものになるため、子供の目に入らないようにするのはかなり無理があるものです。
幼稚園~中学校までぐらいの子供がいる世帯はこの事に向き合い、子供と対話したり教育したりという少しデリケートな対応が必要となると思います。

それ以外については、周辺環境はとても良いと思います。
ノリタケの森で家族や友達と遊ぶ事も可能でしょうし、近くにトヨタ産業技術記念館もあります。
トヨタ産業技術記念館は有料ですが、年間パスポートは高くないので、年間パスポートを買って定期的に催されるワークショップ等に参加するのも良いと思います。

また、名古屋駅や亀島駅から伏見駅まで行けば、名古屋市科学館やでんきの科学館にも容易にアクセスでき、まだどのようなテナントが入るかわかりませんが、隣接のイオンモールにも何らかの遊べる施設や本屋等は入ると思われますので、子育て視点から見ても非常に恵まれているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

長々と4回も書いてしまいましたが、この物件は
・今後おそらく出ることがない非常に貴重な物件
・名古屋地区のこれまでの相場感からすると高く感じるが、将来的に見れば割安である可能性が高い
・治安や嫌悪施設、中学校が多少懸念事項ではあるものの、子育て環境としても恵まれている
というところではないでしょうか。

そしてこの物件を最もおすすめできるのは
「リタイヤ直前、直後の高齢者」
ではないかと感じています。

これは、
・昨今の高齢ドライバーの事件、事故から免許返納は早まっていくと思われる
・車社会の名古屋において免許返納後の生活は厳しいものがある
・本物件はイオンモール併設のため、体力が落ちても生活必需なものは徒歩で全て調達可能
・コンシェルジュや警備員が居るため安心感が高い
・資産性を考えても将来価値は高まる可能性は高い
・2LDKの価格はそれほど高額ではない
・中学校や周辺嫌悪施設は高齢者には関係ない
といったところから感じていることです。

ただ、上記の年齢層の方々は「名古屋駅周辺は住むところではない」という意識もお持ちだと思いますので、そのあたりの意識を変えられるかどうかではないでしょうか。
正直なところ、自分の両親がリタイヤ前後の年齢だったらこういうところに住んでほしい、住んでくれたら安心だな、と思います。
モデルルームは、内部の雰囲気が良く、大規模物件ならではのシアター等もあるので、両親が「リタイヤ直前、直後の高齢者」だったりする方は一度モデルルームに行ってみてはいかがでしょうか。

既に公式から案内はありましたが、C棟D棟の申込期限が2020年10月17日までと迫っているので、いまからC棟D棟の検討に入るには無理があるかもしれませんが、A棟B棟の検討の際や将来的に中古を検討する際に本記事が参考になれば幸いです。

今後A棟、B棟の販売が開始された際はまた報告させていただきます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました