モデルルーム訪問-ザ・パークハウス 名古屋- Part1

以前の投稿で予告した通り、ザ・パークハウス名古屋のモデルルームを訪問しましたので数回に分けて報告致します。

この物件の大きな特徴は
「名古屋駅徒歩圏でショッピングモールに直結したマンション」
で、こういったマンションが作られるのは相当珍しいので一見の価値はあると思います。

今回は以下の物件概要を中心にご報告します
・基本情報
・立地、周辺環境
・各棟の特徴

スポンサーリンク

基本情報

・所在地
愛知県名古屋市西区則武新町3丁目123番1他4筆(地番)

・交通
名古屋市営地下鉄東山線・桜通線「名古屋」駅(10番出入口)より徒歩12分
名古屋市営地下鉄東山線「亀島」駅(2番出入口)より徒歩6分
名鉄名古屋本線「栄生」駅(駅舎)より徒歩9分
(ルーセントアベニューL4出入口からは徒歩9分ですが利用時間:7:00~23:00です)

・間取
2LDK~4LDK

・面積
61.22平米~93.16平米

・売主
三菱地所レジデンス株式会社、三菱商事都市開発株式会社、野村不動産株式会社
※メインは三菱

・施工会社
矢作建設工業株式会社

・管理会社
三菱地所コミュニティ株式会社

立地・周辺環境

冒頭でも書きましたが、名古屋駅まで徒歩圏でイオンモール直結だという時点で立地・周辺環境としてはかなり良い環境です。
距離的なイメージを東京駅に置き換えて書くと、
「日比谷公園にイオンモールを併設したマンションができる」
と言えばわかりやすいでしょうか。


※画像出典:イオンモール株式会社プレスリリースのイメージより

このイオンモールはオフィス併設という新しいコンセプトのモールで、1-3階がショッピングモール、4-6階がオフィスといった形になるそうで、現時点では、スーパーマーケット部分は24時間営業を予定しているそうです。
そして、その他の生活必需の施設に関してもモールが提供する価値として以下の通り書かれていることから、必要十分なものがモール内に揃う可能性が高いでしょう。

アーバンリアルライフ(必需品・生活サービス)
都市部に不足しがちな暮らし機能の充実を図ることで、単身生活者にとっても使いやすい利便性の高い商業施設を目指します。また、併設されるオフィスワーカーの昼食ニーズや健康サポートにも対応します。

出典:イオンモール株式会社プレスリリースより

そのため、生活必需の施設としてモールの外に求める必要があるのは医療施設と学校ぐらいでしょうか。
(もしかしたら医療施設もモールの中にできるかもしれません)

また、イオンモールを挟んだ反対側には「ノリタケの森」と言われる施設があり、食器店やレストランの他、大きな芝生の広場等自然豊かなスペースがあります。


遊具等はなく、ボールを使った遊びも禁止のようですが、名古屋駅徒歩圏にあってこういった自然豊かなスペースもあるのは恵まれていると思います。
ただし、毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)、年末年始と10:00~18:00以外の時間は門が閉まるためこのスペースには入れません。
(イオンモールができたら運用が変わる可能性はあります)

学校の概要は以下の通りです。
小学校/中学校を含めた子育てとしての少し踏み込んだお話は後の投稿で書きます。

・小学校
公立の場合、栄生小学校に通うことになります。
栄生小学校は1学年1クラス程度の小規模な学校で、実際に見てみましたが、かなり近づくまで気づかないぐらいでした。
距離的には500-600m程度の場所にあるため、子供の足でも7-8分程度だとは思いますが、そもそも物件が大規模なので敷地内の移動を考えると玄関からは10分以上かかるかもしれません。

【正門】

【通用門とグラウンド/校舎のイメージ】

・中学校
公立の場合、天神山中学校に通うことになります。
2017年時点で生徒数は364人で、榎小学校、栄生小学校、枇杷島小学校、南押切小学校の4校に通っていた小学生が進学します。
上記の通り、4校の小学校の卒業生が集まる学校のため学区がかなり広く、この物件から1.5km程度離れており、徒歩20分はかかると思われます。
なお、自転車通学は禁止のようなので、毎日この距離を徒歩で通う事になります。

スポンサーリンク

各棟の特徴

この物件は4棟構成となっており
・アベニュースクエア(以下A棟) 19階建て
・ブリリアントスクエア(以下B棟) 18階建て
・センタースクエア(以下C棟) 18階建て
・ディライトスクエア(以下D棟) 18階建て
となっています。

今回の第一期分譲ではC棟、D棟が分譲の対象ですが、C棟、D棟はほぼ売れてしまうと思われます。


出典:ザ・パークハウス名古屋公式HP

ざっと各棟の特徴を書くと以下の通りとなります。

アベニュースクエア(A棟)


出典:ザ・パークハウス名古屋パンフレット

アベニュースクエアは
・この棟のみ2023年2月上旬引き渡し予定
・売出しはC,D棟のあと(これから)
・ベランダは南西向き
・B棟と同じく、真正面に線路がある
・この棟専用のエントランスホール、ゴミ出し場、メールコーナー、車寄せがある
・この棟にフィットネスルームがある
と言った感じで、共用設備面から見ると竣工時期もあってかB,C,D棟とは別で考えられている棟だと思います。
今後長い目で見ると、自動運転のことを考慮するならば、車寄せがあることに価値が生まれるかもしれませんね。

B棟もそうなのですが、思ったよりも線路が近いため開放感がある一方、貨物列車の音を考えると気になってしまう人はいるかもしれません。

この棟は独立した設備が多く、ゴミ出しや郵便物チェックで敷地内を長く歩く必要がない強みがある一方で、名駅やイオンモールから遠い、線路向きであることが弱みではないでしょうか。

ブリリアントスクエア(B棟)


画像出典:ザ・パークハウス名古屋公式HP

ブリリアントスクエアは
・2022年1月下旬引き渡し予定(C,D棟と同時)
・売出しはC,D棟のあと(これから)
・ベランダは南西向き
・A棟と同じく、真正面に線路がある
・この棟には共用施設はほぼない
といった感じで、大きな強みがなさそうな棟です。
特に、ゴミ出し、郵便受け確認のために別の棟まで行かなければならないのはちょっと面倒かもしれません。
詳しくは値段のパートで書きますが、この棟はまだ売出し対象ではないため価格が分からないこともありおそらく当初の予定では最もお値打ちな棟になる予定だったのだと思いますが、今回のC,D棟の好反応からするともしかしたら値段的なアドバンテージはなくなってしまうかもしれないですね。

まだ値段が出ていないのでなんとも言えませんが、この棟は他の棟と比べると残念ながらちょっと強みがない棟になってしまうかもしれません。

センタースクエア(C棟)


画像出典:ザ・パークハウス名古屋公式HP

センタースクエアは
・2022年1月下旬引き渡し予定(B,D棟と同時)
・ベランダはほぼ南向き(南南西ぐらい?)で名古屋駅が正面に見える
・メインエントランスホール、コンシェルジュカウンター、ラウンジ、メールコーナーはこの棟にある
といった感じです。
名古屋ではまだまだ南向き信仰が強いと思いますので、やはり1番の強みはベランダの向きでしょう。
また、エントランスから最も近く、メールコーナー・コンシェルジュカウンターもこの棟なので日常生活における利便性はかなり高いですが、ゴミ出しが隣の棟なのが残念です。

この棟はやはり方角とエントランスの近さが強みではないでしょうか。

ディライトスクエア(D棟)


画像出典:ザ・パークハウス名古屋公式HP

ディライトスクエアは
・2022年1月下旬引き渡し予定(B,C棟と同時)
・ベランダは南東向き
・駐車場利用者の車寄せ、ゴミ出し場、パーティルーム、スタディルーム、キッズルームはこの棟にある
・イオンモールとはこの棟の3階のペデストリアンデッキで直接繋がるが、この棟の居住者のみ直接デッキに出入りできる仕組みになる予定である
といった感じです。
正直言ってこの物件のメリットを最大限受けられるのはこの棟だと思います。

最も特記すべきは最後の項目で、3階にあるペデストリアンデッキにはこの棟の住人しか出入りできない仕組みにするそうです。
このマンションの最大のメリットのひとつは「イオンモール直結マンション」というのは前述の通りですが、この棟以外の人がイオンモールに行く際は
一度各棟のエレベーターで1階まで降りる

1階を通ってペデストリアンデッキ下まで行く

ペデストリアンデッキのエレベーターでペデストリアンデッキ3階まで上がる

ペデストリアンデッキを通ってイオンモールへ
という流れが必要となり、この棟の住人が直接3階からイオンモールへ出入りできることを考えると相当な差があります。
おそらく、名古屋駅から帰宅する際には、「センタースクエアのメインエントランスを使う」のと、「イオンモールを抜けてペデストリアンデッキを使う」のとでは同じぐらいの所要時間ではないかと考えられ、帰宅時にイオンで日用品を買う頻度を考えるとメリットは大きいのではないでしょうか。

ただ、この「ペデストリアンデッキを使えるのはディライトスクエアの住民のみ」というルールは変更になる可能性も否定はできません。
仮にこの棟以外の住人全員がルール変更に賛成してしまうと単純計算で3/4が賛成となり、管理規約の変更も視野に入ってきます。

また、ゴミ出し場や駐車場利用者の車寄せがこの棟にあるのも、利用頻度を考えると便利だと思います。
メールコーナーはセンタースクエアなのでその点はちょっとマイナスですね。
南東向きというのも気になる方多いのではないでしょうか。

この棟はこの物件のメリットを充分に享受できる大きな強みがある一方で、南東向きを許容できるかどうかだと思います。
価格差もないので、個人的にはこの棟で決まり!と思うのですが。。。

次回は建物、内装や共用施設などについてご報告します。

書きました。こちらへどうぞ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました