名古屋の生活・子育て環境ランキング 名城線・名港線Part1 生活環境

先日、
「名古屋市営地下鉄の駅付近のランキングはどうなってるの?」
という話の東山線・桜通線・鶴舞線の分析を行いましたが、今回は名城線・名港線の分析です。
なお、上飯田線については駅が1つしかないため、上飯田駅は今回のランキングに入れています。

分析のイメージ的には、
「駅近物件を買うとして、どこの駅が利便性が高いの?」
というのをランキング化しよう、という試みです。

今回は

  • コンビニ店舗数
  • スーパー店舗数
  • ドラッグストア店舗数

を比較し、ランキング化してみました。

また、”駅付近”をどう考えるかは難しいところですが、今回は
駅徒歩10分以内=半径800m
の店舗数をピックアップしています。

東山線・桜通線・鶴舞線の分析結果は以下からどうぞ。

名古屋の生活・子育て環境ランキング 東山線Part1 生活環境
名古屋の主要路線である東山線各駅の徒歩圏にあるスーパーやコンビニ等の数をピックアップし、ランキング化してみました。
名古屋の生活・子育て環境ランキング 桜通線Part1 生活環境
名古屋の桜通線各駅の徒歩圏にあるスーパーやコンビニ等の数をピックアップし、ランキング化してみました。
名古屋の生活・子育て環境ランキング 鶴舞線Part1 生活環境
名古屋の鶴舞線各駅の徒歩圏にあるスーパーやコンビニ等の数をピックアップし、ランキング化してみました。

なお、学区環境比較記事は以下のPart1の記事から各ランキングに飛べるのでご興味があればどうぞ。

名古屋の学区環境比較 Part1 コンビニの数と密度
名古屋市の小学校学区毎のコンビニ数とその密度について分析し、ランキング化しました。

※今回のピックアップ対象となっているスーパー・ドラッグストアについては記事の最下部にリストを掲載しています

スポンサーリンク

名城線・名港線各駅のコンビニ店舗数ランキング

名城線・名港線各駅の徒歩10分の範囲(半径800m)とコンビニをプロットすると以下のようになります。

名城線・名港線沿線のコンビニマップ

これを各駅ごとに何店舗あるのかカウントし、ランキング化すると以下のようになりました。

名城線・名港線各駅のコンビニ数ランキング

やはりこれまでの路線と同様、都心やターミナル駅が強く、7-8位ぐらいまではいわゆる”街中”という感じの駅ですね。

八事駅、本山駅などの人気学区が近い駅は意外にも下位に来ており、
“名古屋の人気住宅街は意外と生活必需施設が少ない”
というのがここにも現れていると思います。

スポンサーリンク

名城線・名港線各駅のスーパーマーケット店舗数ランキング

次に、名城線・名港線各駅の徒歩10分の範囲(半径800m)とスーパーをプロットすると以下のようになります。

名城線・名港線沿線のスーパーマップ

これを各駅ごとに何店舗あるのかカウントし、ランキング化すると以下のようになりました。

名城線・名港線沿線のスーパー数ランキング

こちらもコンビニ同様、ある都心部の駅が上位に来ています。
人気学区が近い駅も上位に入っておらず、やはり車社会の名古屋では、スーパーやコンビニ数が多い事と人気が高い事の相関性はあまりない、という感じでしょうか。

スポンサーリンク

名城線・名港線各駅のドラッグストア店舗数ランキング

名城線・名港線各駅の徒歩10分の範囲(半径800m)とドラッグストアをプロットすると以下のようになります。

名城線・名港線沿線のドラッグストアマップ

これを各駅ごとに何店舗あるのかカウントし、ランキング化すると以下のようになりました。

名城線・名港線各駅のドラッグストア数ランキング

ドラッグストアの大型店舗は食品を扱っており、利益率の高い商品(薬品)を扱っている関係からスーパーよりも食品が安価になっているケースもあるので侮れません。
個人的には、ドラッグストアが徒歩圏にあると生活利便性が大きく向上するのではないかと思います。

ランキングを見ると、八事駅、本山駅などの人気学区が近い駅もランキングとしては中位ぐらいの位置にあり、コンビニやスーパーと比べると少し違う傾向にあるようにも見えます。
実際の住居選びの際、「数が多いか否か」はあまり意識しませんが、ドラッグストアの場合はウエルシアのように特定日のみ超お得な施策をやっていたり、定期的なアプリクーポン配布があったりするので、複数チェーンが利用可能な事は意外と重要だったりします。
(※ウエルシアの場合は毎月20日はTポイントが1.5倍の価値(1ポイント1.5円分)になる)

====
以上、今回は
名古屋の生活・子育て環境ランキング 名城線・名港線Part1 生活環境
をご紹介しました。

次回は名城線・名港線Part2ということで、子育て環境ランキング、つまり公園の数、小児科、幼稚園や公文式の教室の数について同様の分析をしてみようと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

(参考)今回ピックアップした主なチェーン

スーパーマーケット

今回ピックアップした主なスーパーマーケットチェーンは以下の通りです。

  • マックスバリュ
  • フィール
  • ヤマナカ
  • フランテ
  • アオキスーパー
  • バロー
  • コープ
  • タチヤ
  • ザ・ビッグ
  • フェルナ
  • カネスエ
  • FOOD LIBRARY
  • 北野エース
  • サポーレ
  • パントリー
  • 紀ノ国屋
  • 旬楽膳
  • 成城石井
  • 明治屋
  • ピアゴ
  • アピタ
  • イオン/イオンスタイル/イオンタウン
  • MEGAドン・キホーテ
  • 平和堂

もちろん、その他小規模店舗、個人店舗もありますが、数が多すぎてキリがないのでご容赦ください…

ドラッグストア

今回は、以下のチェーン店について、名古屋市内の全397店舗をピックアップして分析しました。
※一部グループで名称が異なるだけの店舗はまとめています。(例:matsukiyoLAB→マツモトキヨシ)

  • スギ薬局(115店舗)
  • Vドラッグ(58店舗)
  • ドラッグスギヤマ(56店舗)
  • B&Dドラッグストア(34店舗)
  • ウエルシア(33店舗)
  • マツモトキヨシ(30店舗)
  • ココカラファイン(14店舗)
  • サンドラッグ(13店舗)
  • アマノ(12店舗)
  • コスモス(8店舗)
  • クリエイトSD(7店舗)
  • ゲンキー(5店舗)
  • Zipドラッグ(4店舗)
  • ツルハドラッグ(3店舗)
  • クスリのアオキ(2店舗)
  • ダイコクドラッグ(2店舗)
  • ヘルスバンク(1店舗)

コメント

タイトルとURLをコピーしました