名古屋の公立中で選ばれているのはどこか(公立中生徒数増加率ランキング)

今日はこのサイトの原点に戻り、地域情報の一環として、
「名古屋の公立中で選ばれているのはどこか?」
という情報をまとめましたのでご紹介します。

ザックリと言ってしまえば、
「名古屋の公立中生徒数増加率ランキング」
というわけです。

小学校編はこちらです。

名古屋の公立小学校で選ばれているのはどこか(公立小生徒数増加率ランキング)
名古屋市の公立小学校でどの学校が選ばれているのかを知るため、各小学校の2009年~2021年の総生徒数と調べ、ランキングとしてまとめました。 名古屋の住居選びの指標の1つとして使えるのではないかと思います。
スポンサーリンク

増加率の意味

ここは解釈が難しいところですが、注意しなくてはいけないのは
「増加率の高い学校=良い学校ではない」
という事です。

というのも、学校の生徒数が増える要因は、大規模マンションの新設や宅地造成など、様々な要因が重なって発生するものです。
志段味エリアなどは名古屋市が「なごやサイエンスパーク事業」などにより開発に力を入れていたりするので、人口増加が顕著です。

とはいえ、一方で
「問題のある地区はどれだけ開発しても人は集まらない」
とも言えます。

つまり、今回ご紹介する生徒数の増加率が高い学校は
「少なくとも選ばれている学校ではあるので変な環境である可能性は低い」
という、住居選びの判断基準の1つとして利用できるのではないでしょうか。

なお、一般的に名古屋において「人気学区」とされている場所については以下の記事でまとめていますのでご興味があればどうぞ。

名古屋のおすすめ学区はどこか
名古屋に転勤してくる際に重要となる公立小中学校の学区について、人気の学区、おすすめの学区についてご紹介しています。 名古屋が指定している文教地区や、不動産会社が人気、おすすめとしている地区を中心に調査、分析を行いました。

使用するデータについて

ベースとなるデータ

ベースとなる生徒数データは、インターネット上からデータを探したところ、

  • 2009年
  • 2012年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2020年
  • 2021年

の各中学校の生徒数データが見つかりました。

なお、2009年から2015年は愛知県の公開データ、それ以後は名古屋市の公開データを使用しています。

ちなみに、上記サイトのデータは1年経過すると消されてしまい、公式サイト上から存在しなくなるので、今回はインターネットアーカイブのキャッシュデータからデータを探しています。

統計データは年次データ含めて保存しておいて欲しいですね…
非常に面倒でした!

増加率の区切りとランキングの範囲

今回は以下の3区分で、増加率上位10校を抽出しました。

  • 2009年~2021年:比較できる最長のデータ
  • 2012年~2021年:直近10年程度のデータ
  • 2016年~2021年:直近5年程度のデータ

長期間で見ても伸び率が高いという事は根強い人気があり、安定した環境であると言えますし、短期間で伸びているところは再開発等による大きな環境の変化(=新しい設備が多いかも)といった解釈ができると思います。

分校について

今回の期間中、志段味中は2015年に吉根中が新設され学校が分割されたため、2009年~2021年と2012年~2021年の比較では志段味中+吉根中として比較を行ないました。

名古屋市の公立中全体の生徒数増加率はどうなっているのか

上記期間中の名古屋市の生徒数の増減は、

  • 2009年~2021年:-6.6%
  • 2012年~2021年:-7.8%
  • 2016年~2021年:-1.6%

といった感じで、全体としては減少傾向です。

スポンサーリンク

生徒数増加率ランキング

2009年~2021年

ランキングは以下のようになりました。

1位 志段味+吉根中:+150%
2位 神の倉中:+52%
3位 有松中:+47%
4位 白山中:+44%
5位 鎌倉台中:+41%
6位 瑞穂ケ丘中:+32%
7位 神丘中:+23%
8位 伊勢山中:+23%
9位 桜山中:+20%
10位 城山中:+18%
※太字は人気学区とされている学区

志段味エリアが圧倒的で、2位以下との差が大きいです。
ちなみに、志段味中は吉根中の分を除いたとしても6位に入る増加率となっており、人口増加が著しいエリアだと言えます。

それ以外にも一般的に人気学区とされる神丘中、桜山中、城山中が入っており、やはり長い目で見るとこういった学区は強いのだと思います。

2009年-2021年の名古屋市における公立中生徒数増加率上位校の生徒数推移
2009年-2021年の名古屋市における公立中生徒数増加率上位校の生徒数増加率推移

引用元:愛知県ホームページ「学校一覧」および名古屋市ホームページ「教育調査統計」より作成

2012年~2021年

ランキングは以下のようになりました。

1位 志段味+吉根中:+78%
2位 白山中:+41%
3位 有松中:+28%
4位 鎌倉台中:+26%
5位 鳴海中:+15%
6位 大高中:+14%
7位 伊勢山中:+13%
8位 東星中:+13%
9位 東陵中:+13%
10位 桜山中:+13%
※太字は人気学区とされている学区

こちらでも志段味エリアが圧倒的で、2位以下との差が大きいです。
それ以外では、白山中、有松中、鎌倉台中、伊勢山中、桜山中などは長期推移ランキングに続いてランクインしており、長期だけなく中期で見ても選ばれている学校だと言えます。

2012年-2021年の名古屋市における公立中生徒数増加率上位校の生徒数推移
2012年-2021年の名古屋市における公立中生徒数増加率上位校の生徒数増加率推移

引用元:愛知県ホームページ「学校一覧」および名古屋市ホームページ「教育調査統計」より作成

2016年~2021年

ランキングは以下のようになりました。

1位 志段味中:+67%
2位 若葉中:+21%
3位 大高中:+21%
4位 新郊中:+18%
5位 鳴海中:+17%
6位 東陵中:+15%
7位 桜丘中:+14%
8位 前津中:+13%
9位 御田中:+13%
10位 八王子中:+12%

こちらでも志段味中が圧倒的で、分校となって学区が狭まっているにも関わらず断トツの1位です。

この短期ランキングは他の期間と異なり、人気学区とされる学区が入っていません。
これは、様々な要因が重なった結果ではあると思いますが、一つの要素として昨今のマンション・戸建て価格の高騰があると感じています。

中期ランキングに続き、大高中、鳴海中、東陵中がランクインしており、短期~中期で見るとこれらの学校が選ばれている事が分かります。

2016年-2021年の名古屋市における公立中生徒数増加率上位校の生徒数推移
2016年-2021年の名古屋市における公立中生徒数増加率上位校の生徒数増加率推移

引用元:愛知県ホームページ「学校一覧」および名古屋市ホームページ「教育調査統計」より作成

まとめ

以上をザックリとまとめると、

  • 短期、中期、長期全てにおいて志段味中エリアの増加率が圧倒的に高い
  • 長期-中期で見ると白山中、有松中、鎌倉台中、伊勢山中、桜山中が増えている
  • 中期-短期で見ると大高中、鳴海中、東陵中が増えている

といった感じです。

以上、今回は
名古屋の公立中で選ばれているのはどこか(公立中生徒数増加率ランキング)
をご紹介しました。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました