モデルルーム訪問-プラウドタワー名古屋錦- Part2

プラウドタワー名古屋錦のモデルルームを訪問しましたので数回に分けて報告致します。

Part2の今回は以下の内容を中心にまとめます。
・建物の外観と構造について
・内装について
・共用設備について

【プラウドタワー名古屋錦の記事一覧】
Part1:概要と各棟
Part2:建物・内装と共用設備 ※今回
====以下アップ予定=====
Part3:駐車場と価格、管理費
Part4:まとめ
スポンサーリンク

建物の外観と構造について

建物の外観について

建物の外観はあまり強調されてはいませんが、個人的には良いデザインだと思います。

ひと目見れば分かるような特に奇抜なデザインではないものの、しっかりとした高級感があり、色の濃淡もあり、戸境壁も良いアクセントとなっているのではないでしょうか。

もちろん、外観の好みは人それぞれですが、少なくとも知人を呼んで恥ずかしいようなデザインではないのは確かです。


引用元: プラウドタワー名古屋錦公式ホームページ

構造について

この物件の建物自体の特徴としては、

  • 制震構造であること
  • スケルトンインフィル構造であること
  • 2重床・2重天井であること

の3つが挙げられます。

制震構造

この物件は、制震構造を採用しています。

制震構造というのは簡単に言えば、揺れを吸収するダンパーを使って、上層階の揺れを小さくする構造を採用している建物のことです。

制震構造は建物の躯体自体がダメージを受けにくいという強みがありますが、揺れ自体が地面より小さくなるわけではありません。

その点では揺れそのものを低減する免震構造には劣りますが、コスト面のメリットがあるため、費用のバランス等から考えて、制震構造にしたのは良い選択だと思います。

スケルトンインフィル構造

スケルトンインフィル構造は電気配線や給排水管等を躯体から独立させることで将来的なリフォームが容易になっている構造の事です。
公式ホームページの以下の画像が最もイメージしやすいと思います。


引用元: プラウドタワー名古屋錦公式ホームページ

2重床・2重天井

これは名古屋の物件としては相当珍しいものになっています。

関東の物件では2重床・2重天井は珍しいものではないですが、地域の特徴して、名古屋では2重床・2重天井ではない物件がほとんどです。

2重床・2重天井と直床のメリット・デメリットは別途どこかでまとめますが、個人的に1番大きいと思うのは、
クッションフロアではないので高級感が出る
ことだと思います。

構造上、下階への騒音対策として直床物件はフローリング下にクッションが入っているクッションフロアを採用していますが、2重床・2重天井であるこの物件はクッションフロアではないしっかりとした硬いフローリングが採用されています。

なかなかクッションフロアをイメージするのは難しいですが、実際にクッションフロアの物件に住むと、床の浮き沈みでどうしても安っぽさが出てしまうので、個人的にはこの点は大きいです。

ちなみに、2重床・2重天井と直床(+クッションフロア)では下階への騒音の面では実は直床の方が有利だったりするので、2重床・2重天井が全てにおいて優れているわけではありません。

もちろん、下記の通り2重床・2重天井はスケルトンインフィル構造の実現にも一役買っています。


引用元: プラウドタワー名古屋錦公式ホームページ

スポンサーリンク

内装について

内装はかなり力が入った内容になっています。

詳細は公式ホームページをご確認いただければと思いますが、

  • 天井高が2600mm&2200mmハイサッシ採用
  • 標準でエアコンが天井カセット型
  • 標準でアンダーシンク型浄水器を採用
  • 電子錠採用

というのが他ではあまり見ない気合の入った仕様を採用しています。

もちろん、その他の仕様もディスポーザーが搭載されていたり、キッチンや洗面所のカウンタートップが天然石だったり、ガラスがLow-E複層ガラスだったり、ガスコンロの仕様がプッシュボタン+レバーといった安価なものではなくワンボタンタイプの高級仕様だったりと、これ以上ないほど充実した内容なのですが、上記4点は特に突出しています。

天井高とハイサッシ

上記の通り、この物件では、天井高が2600mmでサッシ高も2200mmのハイサッシを採用しています。

これは、かなり良い仕様で、通常は天井高2400mm/サッシ高2100mm程度となっているため、部屋が広く感じられ、開放感も大きいです。

タワー型のような物件では、天井高を高く取ると階数が減ってしまうため避ける場合が多いのですがこの物件はそういう意味ではかなり恵まれている物件です。

標準でエアコンが天井カセット型

マンションの上層階などのいわゆるプレミアムフロアでは標準でエアコンが天井カセット型というのはよく聞きますが、全戸で天井カセット型エアコンが標準というのは少ないです。

天井カセット型エアコンは空間の使い方としては理想的で、エアコンの出っ張りがないため部屋を広く感じる、使うことができるメリットがあります。

高級仕様の代名詞的な天井カセットエアコンですが、一方で掃除等の事を考えると少々デメリットもあるためそのあたりはよく調べた方が良いと思います。

標準でアンダーシンク型浄水器採用

キッチン水栓のランクに関する詳細は以前の記事を参照いただきたいのですが、標準でグローエ社の水栓を使用したアンダーシンク型浄水器が採用されています。

カートリッジに何が採用されているかまでは確認できませんでしたが、一体型のアンダーシンク浄水器が標準で採用されているのは、かなりの高級物件以外では見ることはないので、この部分からもデベロッパーが力を入れていることが分かります。

電子錠採用

なぜか公式ホームページにも書いていないのですがこの物件は各戸の玄関ドアには電子錠が採用されています。

電子錠採用のメリットは、

  • カギを鞄やポケットに入れたまま玄関ドアを解錠できる
  • インターホンから玄関ドアを解錠できる

という2点があり、生活利便性を非常に向上させる良い設備です。

あまりイメージが沸かないかと思いますが、簡単に言えば、車のスマートエントリーと同じようなもので、
「カギを鞄やポケットに入れた状態で玄関ドアのボタンを押せば玄関ドアの解錠ができる」
と言えば分かるでしょうか。

同一製品か自信がないですが、下記のMIWA社の製品説明が理解しやすいと思います。


引用元: MIWA社公式ホームページより

特に本物件はマンションのエントランスもキーを携帯して近づくだけで解錠される仕組みが採用されているため、
「マンションのエントランスから部屋に入るまで一度もカギを出す必要がない」
という非常に利便性の高い生活ができます。

また、電子錠のため、インターホンから玄関ドアを解錠できるため、子供が帰宅した際にインターホンから玄関ドアを解錠できるというのも地味ながら非常に便利だと思います。
インターホンでマンションのエントランスの解錠をするのは一般的ですが、玄関ドアの解錠まで対応できているマンションはまだ少ないです。

少ないながら弱みもある

ほぼ完璧と言える内装(専有部)ですが、ベランダ部分に
・スロップシンクが非採用
・ベランダの戸境壁上部が空いている
という弱点があります。

スロップシンクは好みもありますが、ベランダの戸境壁上部が空いているのはプライベート空間を満喫できるか否かという意味では明確なマイナス点だと思います。

以前ご紹介したパークハウス名古屋で採用されている、全戸完全なコンクリートで隔てられている仕様は高望み過ぎますが、ここまでコストをかけているならせめて上部まで完全に覆っているタイプにしてほしかったところです。

以下の画像はこの物件ではない物件のベランダ写真で、戸境壁上部が空いているベランダのイメージですが、このように上部が空いていると音も入ってきますし、残念でなりません。

共用設備

共用設備は

  • ライブラリーラウンジ
  • ゲストルーム
  • スカイラウンジ
  • 屋上テラス
  • 各階ゴミステーション
  • コンシェルジュ

というものが揃っており、さらに、オンライン診療まで対応します

1つ1つの規模は大きくないと思われますが、恐らく、これ以上充実したマンションを探すのは困難ではないかと言えるほど、可能な限りのものが入っていると思います。

次回は駐車場と価格、管理費などについてご報告します。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました