名古屋市近郊の遊べる温水プール1-小牧市温水プール-

だいぶ気温も下がってきて夏が終わった実感が出てきましたね。

しかし、子供はそんな事関係なく、「プールに行きたい」って言いますよね。
ということで、今回からは何回かに分けて以下の条件に合致するプールを主にご紹介することにします。

スポンサーリンク

遊べる温水プールって…?

なぜわざわざ「遊べる」と書いたのかというと、実は競泳用25mプールだけがある温水プールってそれなりの数があるんですよ。
でも幼稚園~小学生低学年までの子供ってまだしっかりと泳げるわけではないので、25mプールだけだとすぐに飽きちゃうとか、楽しめないといったことが高確率で起こります。

そのため、以下の条件に合致したものを中心にご紹介する予定です。

  • 温水プールであること
  • 25mプールだけでなく、流れるプールもしくは造波プールがあること
  • 料金が1,000円以下(大人)であること

今回ご紹介するのは「小牧市温水プール」です。

※22年5月16日更新

現在、小牧市温水プールは施設の修繕を理由に無期限での休業となっています。
参考のため記事は残しておきますが、現時点では営業していませんのでご注意ください。

最新情報は公式ホームページをご確認ください。

小牧市温水プール
愛知県小牧市の公共施設、小牧市温水プール指定管理者による公式ホームページです。 造波プール、流水プール、25mプール、3基のスライダーなどがあり、公共施設とは思えない設備と低料金で楽しめる。オールシーズンの温水プール。

小牧市温水プール

概要

住所:愛知県小牧市大字野口2394-3
電話番号:0568-78-0102
公式ホームページ:こちらです
営業時間:平日13時~20時(土日祝と7~8月は10時~)※1
利用料金:

  • 高校生以上:530円
  • 小中学生:220円
  • 未就学児:大人1人につき1名無料

※1衛生対策で入れ替え制等の変則運営をしている可能性あり

名古屋からそれなりに距離がありますが、中央自動車道の小牧東インタから車で7分なので高速道路を使えばそこまで遠いというわけではないです。
料金は大人2人+子供2人で行っても1,500円ぐらいなので安いです。

内部のイメージはこんな感じです。


画像出典:小牧市温水プール公式HPより

この画像だけでも規模の大きさが分かると思います。

設備

  • 流水プール
  • 造波プール
  • ウォータースライダー3基(うち1基は浮き輪使用の2人乗り)
  • キッズ用プール
  • 競泳用25mプール

子供が遊びたいと思う設備はほぼ全て網羅しているのではないでしょうか。
特に小学生から利用できるウォータースライダーは屋内プールとしては規模も大きく、満足できると思います。

流水プールは水深1mで一般的な深さですが、下記の通り浮き輪等の持ち込みもでき、キッズ用プールもあるので小さい子でも遊べると思います。

画像出典:小牧市温水プール公式HPより

様々なプールが用意されているので、幅広い年齢層が長時間遊べるのではないでしょうか。

持ち物についてのルール

水泳帽や持ち物の規定は以下の通りです。

  • 浮き輪:直径が90センチまでOK
  • 浮き輪以外の持ち込み:アームヘルパー・ヘルパー・ライフジャケットのみOK
    ビート版・ビーチボール・穴の開いていないフロート類の持ち込みはNG
  • 水泳帽の要否:競泳用の25Mプールを使う場合のみ必要
  • 貸し出し用具:ビート板のみ
  • オムツが外れていない子の入場:不可(水遊び用オムツも不可)

一般的なルールだと思いますが、よくあるアームヘルパーの貸し出しがないので注意してください。
オムツが取れていない子も入場NGなので、だいたい4歳以上ぐらいからが対象になるでしょうか。

付帯設備について

プール以外の設備については

  • 靴箱は自由に利用できるものがある(が、ロッカーに入れたほうが良い)
  • ロッカーは潤沢にあるが、100円リターン式なので小銭を持っていった方が良い
  • 洗面台、ドライヤー、脱水機はある
  • プールの横に温水シャワーがあるが、更衣室内にはない
  • 入場ゲートの外に簡単なレストランと軽食スペースあり
    レストランと軽食スペース利用する場合に限り再入場可能

といった感じです。
ここもそこまで注意すべきルールはないですが、あえて言うなら小銭を用意すること、シャワーを更衣室に入る前に浴びる必要があることが注意点でしょうか。

その他注意点

長い休館期間がある

小牧市温水プールは10月~11月中旬まで換水清掃で休館になるので注意が必要です。
一度それを知らずに10月に訪問して愕然としたことがあります。近くにサンフロッグ春日井があるので何とかなりましたが…

混雑時期・時間は避けたほうが良い

ご紹介した通り、かなり充実したプールになっているので夏場はかなり人気があります。
駐車場スペースやロッカー等でかなり混雑するので、できるのであれば夏場は屋外プールに行き、春・秋・冬にここを利用するのが良いと思います。
どうしても夏に行く場合は17時以降の夕方になればまだマシといった感じです。

衛生対策で変則運営の可能性がある

実はこの小牧市温水プールは衛生対策で、9月末まで小牧市民限定かつ事前予約必須の運営になっていました。
そのため、2020年11月中旬に営業が再開してもどのような運営になるかしっかり確認してから訪問することをおすすめします。

まとめ

今回は小牧市温水プールをご紹介しました。
このプールは

  • オムツが取れた子供がいる
  • 小牧市の近くに住んでいるor高速道路に容易にアクセスできる
  • 秋・冬・春にプールに行きたいと言われた

といったシチュエーションではかなり良い選択肢となり得るプールだと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

次回はサンフロッグ春日井についてご紹介しようと思います。

※10/13更新
サンフロッグ春日井のご紹介をアップしました。
こちらからどうぞ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました