メガシティテラスII街区 モデルルーム訪問 Part2 内装と共用施設

メガシティテラスII街区(メガシティテラス2期)のモデルルームを訪問しましたので数回に分けて報告致します。

Part2の今回は以下の内容を中心にまとめます。
・建物の外観と構造について
・内装について
・共用設備について

メガシティテラスII街区の記事一覧は以下のページから飛べます。

Home
主に名古屋市内の学区の情報や物件情報、遊べる施設など、名古屋で生活するのに役立つ情報を子育ての視点からまとめた情報メディアのトップページ。 名古屋に暮らしている人、これから暮らし始める人どちらも参考になる情報を掲載しています。

物件の公式ホームページはこちらです。

メガシティテラス�街区|地下鉄名城線、東区のマンション|住友不動産・近鉄不動産・住友商事・東急不動産
【公式HP】メガシティテラス

今回の内容をザックリとまとめると下記のようになります。

  • 外観は住友不動産らしい暗色系+ガラスでシンプルながら退屈な外観ではない
  • 内装はコスト削減のポイントと、逆に充実しているポイントが独特だが、実用面で困るポイントは少ない
  • 共用設備はかなり充実しているがほとんどが前街区にあるのは注意
  • 毎日通る通路等がしっかりと作り込まれているのは気持ちがよく、所有している喜びを感じられると思う
スポンサーリンク

建物の外観と構造について

建物の外観について

外観は暗色系+ガラスを多用したスタイリッシュな外観を基本としていて、板状マンションではあるもの、一般の方からは一味違う雰囲気を感じると思います。
要するに、マンションに詳しい方なら「住友不動産っぽさ」を感じる外観そのまま、といった感じです。

メガシティテラスの外観イメージ

暗色系+ガラスが特徴的な外観をしていてスタイリッシュな外観をしている。
大規模マンションは団地っぽいイメージを持たれるが、外観に安っぽさはない。

なお、メガシティテラスの敷地は縦長の形状で、同じ向きに各棟が建てられているため、外から見えるのはほとんどがA棟で、以下の画像の通り、それ以外の棟は外部から見えることはないです。

メガシティテラスの外観イメージ2

B-E棟は大通りからはほとんど見えない

構造について

この物件の建物自体の特徴としては、

  • 耐震構造
  • 直床/2重天井
  • 外廊下

の3つが挙げられます。

いわゆる普通の板状マンション、といった感じです。

耐震構造

こういった板状マンションではごく普通の仕様で、特に優位点も不利点もない、といった感じです。
なお、耐震構造だと柱を太くする必要が出てきますが、アウトフレーム設計になっているため住居内に柱が大きく食い込んでおらず、間取り上もこの仕様が大きく不利にはなっていません

直床/2重天井

名古屋ではタワー型物件でも採用される直床/2重天井の仕様です。

何度か過去の投稿でも書いていますが、一般的なイメージと異なり直床は階下への騒音という面では二重床と同等かそれ以上であり、その面はあまり気にしなくて良いかと思います。

では、何が異なるかというと、直床の場合は、フローリングがクッション材の入っているクッションフロアとなるため、床が柔らかいものになります

この点は住んだ経験のない方は非常にイメージがしにくいポイントで、戸建てとの比較においては大きく異なってくるポイントになるので、気になる方はモデルルームに行かれる際は、(許可をとった上で)スリッパを脱いで実際に踏んでみる等の確認はした方が良いです。

外廊下

この物件は外廊下を採用しています。

外廊下側も正面側と同様に暗色系を基本とし、金属製の手すりも暗色系で統一されています。

なお、物件外からは容易に外廊下側を見ることができないため事前確認は難しいですが、頑張れば物件北側の道路から確認することは可能です。
特にA棟以外の全ての部屋の眺望は、この外廊下側になるので何らかの方法で見ておいた方が良いかもしれません。

メガシティテラスの外観イメージ3

共用廊下(外廊下)側はこのような感じになっている。
基本的にII街区の部屋の景色はこの共用廊下が見えることになる。

スポンサーリンク

内装について

内装の主なポイントをピックアップすると以下のようになりました。

全般的な印象として、コスト削減で仕様を落としているポイントと、価格帯を考えれば豪華な仕様になっているポイントが混在していて、随所に謎のこだわりを感じました。

(全記事そうなっていますが、特筆すべきネガティブポイントは青、ポジティブポイントは赤です)

基本仕様

内装の基礎となる部分は以下の通りです。

メガシティテラスの基本内装仕様

ここでは玄関ドアのインターホンがカメラ非採用という、昔ながらののぞき穴タイプなのが少し気になりました。
もちろん、コストがかかる部分ではあるので仕方がないかな、とも思いますが、メインターゲットがファミリー層にも関わらず、小学生低学年までぐらいの子供はのぞき穴タイプだと確認が難しいケースもあるので防犯上は少し気になります。
子ども用のぞき穴が用意されているタイプが採用されていると多少安心感はありますが、それも非採用です。

また、ドアストッパーの仕様も、リビングも含めてキノコ型を採用している点も地味ながらコスト削減が見えます。
競合するミッドワードシティやみなとアクルスは少なくともリビングはドアキャッチャーになっていたので、実生活における利便性としては劣る印象です。

逆に、窓ガラスの仕様やカーテンボックスは価格帯を考えれば良い仕様になっていると思います。

キッチン

キッチンは必要十分なものが揃っていますが、随所にコストカットを感じるポイントがあります。

メガシティテラスのキッチン仕様2

気になるのはキッチン天板とレンジフードで、特にキッチン天板は人大理石のタイプになっており、防汚、耐熱、耐キズにおいて人造大理石タイプに劣ります。
また、レンジフードも明らかなコスト削減のポイントで、プッシュボタン式の外観は少し安っぽさを感じました。

一方で、収納はシンク下も含めてソフトクローズの引き出し型が採用されており、このポイントは価格帯を考えると良い仕様ではないでしょうか。

洗面所・風呂・トイレ

キッチン以外の水回りは以下のような仕様になっています。

メガシティテラスの風呂仕様

ここはほぼ通常の仕様、といった感じですが、三面鏡に若干のコスト削減を感じる一方、風呂鏡は横長のワイドタイプとなっており、デベロッパーのこだわりを感じるポイントでした。
(担当の方も「ウチの風呂は基本的にワイド鏡ですっ!」というこだわりのある感じでした)

ベランダ

ベランダ関係の仕様は以下のようになっています。

メガシティテラスのベランダ仕様2

ベランダ仕様はほしい部分はほぼカバーされていると思います。
境界壁もほぼ上部まで達するものですし、コンパクトタイプではあるものの、スロップシンクもあります。

スポンサーリンク



共用施設

共用施設は超大規模物件だけあって多彩に用意されており、

  • ペアレンツサロン併設キッズルーム
  • パーティールーム
  • フィットネスルーム
  • ゲストルーム(3室)

が用意されます。

名古屋でこれだけ揃っている大規模マンションは珍しく、特に小さな子どもが居る世帯だと、ペアレンツサロン併設キッズルームは嬉しいポイントです。
これは、遊ばせられるという意味以外にも、子供の歳が近い世帯と知り合うことができる場所としても機能するというのが重要です。

特に名古屋に引っ越してきたばかりで知り合いが居ない、というケースだと、こういったスペースがあるのは嬉しいのではないでしょうか。

メガシティテラスの共用設備イメージ

超大規模物件だけあって共用設備はかなり充実している

引用元:メガシティテラス公式ホームページ

また、上記以外にも

  • 24時間ゴミステーション
  • コンシェルジュ配置(8-17時)
  • 大垣共立銀行ATM
  • 洗車スペース
  • 電気自動車充電スペース
  • シーズンズガーデン/ガーデンデッキ

も用意されており、やはり超大規模というだけあって充実しています。
特に銀行ATMが敷地内にあるのは珍しく、キャッスレスが進んだとはいえ、逆に現金が急遽必要になるケースも多々あるので便利だと思います。

ただ、ゴミステーションとメールボックス以外の共用設備は全て分譲済の前街区(A-B棟の間)に設置されており、II街区の居住者が利用するためには少し歩く必要があるというのは頭に入れておいた方が良いかもしれません。

また、この物件は敷地が広く、各棟に至るまでの通路が長いですが、こちらも大規模マンションらしくしっかりと作り込まれており、この「毎日利用するところは手を抜かない」姿勢は住友不動産らしい方向性で、所有している喜びを感じられるものだと思います。

メガシティテラスのガーデンコリドー/グランドコリドーイメージ

毎日通る通路(ガーデンコリドー/グランドコリドー)はしっかりと作り込まれている。

引用元:メガシティテラス公式ホームページ

次回は駐車場と価格、管理費などについてご報告します。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました