名古屋の人気学区紹介-汐路中学校学区- 1.ロケーション

不定期で行っている名古屋の人気学区のご紹介、今回は汐路中学校学区です。

このシリーズでは以下の記事でご紹介したおすすめ学区について、周辺環境や口コミ等を調査し、どういった学区なのかをご紹介しています。

名古屋のおすすめ学区はどこか
名古屋に転勤してくる際に重要となる公立小中学校の学区について、人気の学区、おすすめの学区についてご紹介しています。 名古屋が指定している文教地区や、不動産会社が人気、おすすめとしている地区を中心に調査、分析を行いました。

過去にご紹介した学区については以下のページにまとめていますので、他の学区についてご興味があればこちらから御覧ください。

名古屋の人気学区紹介まとめリンク集
このページは不定期で行っている名古屋の人気学区についての詳細調査シリーズの進捗状況をまとめています。
スポンサーリンク

学区の場所

まずは具体的に名古屋のどこが汐路中の通学可能範囲なのかご紹介します。

汐路中に進学する小学校

汐路中学校は

「名古屋市立汐路小学校」

「名古屋市立陽明小学校」

の小学生が進学する中学校で、
名古屋では越境入学は基本的に認められていないことから、この2校の学区内に住民票がある必要があります。

住所リスト

以下が、汐路小学校と陽明小学校に通うことになる住所リストです。
このリストや後にご紹介するマップは年によっても変わる可能性があるので、正確性を求める場合には、最新情報をこちらから確認することを強くおすすめします。

一部、要確認欄に※印がある場所に関しては、様々な事情があり住所だけでは学校が決まらないため、各区役所・支所または教育委員会教育環境計画室に確認が必要です。

汐路中学区の住所リスト

上記の住所内に住民票があれば汐路中学区であると判断してOK

スポンサーリンク

学区マップ

具体的な場所をマッピングしてみました。

【名古屋駅との位置関係】

汐路中学区マップ(遠景)
© OpenStreetMap contributors

【拡大図】

汐路中学区マップ(拡大図)
© OpenStreetMap contributors

マップからも分かる通り、名駅の東南の地区にあり、
桜山駅、瑞穂区役所駅、瑞穂運動場東駅、総合リハビリセンター駅、八事駅
が最寄りです。

マップ中央部より西の赤色エリアが汐路小
マップ中央部より東の青色エリアが陽明小
の学区になっています。

利用する地下鉄路線としては、
汐路小学区→桜通線(名古屋駅直通)
陽明小学区→名城線(栄駅直通)
です。

アクセス

あまり意味がないかもしれませんが、各小学校から名古屋駅までのアクセスを調べてみました。
これでおおよその位置関係が分かり、名古屋駅に勤務する場合の所要時間もわかるかと思います。

検索はNAVITIMEを用いて、平日の朝8:30に名古屋駅に到着するという設定で行っています。

ざっくりとした結論としては、
「汐路小学区は交通の便としては恵まれているものの、陽明小学区の場合は勤務地等の条件を含めた事前の確認が必要」
といった感じです。

汐路小学校

所要時間:28分

汐路小学校
↓12分(徒歩 (868m))
桜山
↓17分(地下鉄桜通線)
名古屋

名駅までの所要時間は32分です。
(駅に到着してから電車到着までは3分の余裕を見ている)

汐路小学区の場合、名駅に行く場合は桜山駅または瑞穂区役所駅から行くことになります。

学区の北部に住んでいる場合は桜山駅、南部の場合は瑞穂区役所駅を利用することになります。
汐路小自体が駅からそこまで近くはないため、所要時間の4割弱が徒歩に費やされており、駅の近くに住めば通勤時間の短縮は可能だと思います。

駅から遠い場合でも、概ね30分-40程度で名古屋駅まで到着可能だと思います。

桜通線自体は本数も多くはなく電車も小ぶりですが、栄地区も久屋大通駅からアクセス可能で、学区の両端に名古屋駅へ直通の路線駅があるという事で、交通の便としては恵まれている学区と言えるのではないでしょうか。

陽明小学校

【地下鉄のみの場合】
所要時間:47分

陽明小学校
↓13分(徒歩 (796m))
総合リハビリセンター駅
↓10分(地下鉄名城線)
本山駅
↓ 4分(乗換)
↓17分(地下鉄東山線)
名古屋駅

【バスも使う場合】
所要時間:38分

陽明小学校
↓4分(徒歩 (250m))
松栄町停留所
↓7分(バス)
瑞穂区役所停留所
↓7分(乗換)
瑞穂区役所駅
↓19分(地下鉄桜通線)
名古屋駅

名駅までの所要時間は概ね40分~50分です。

陽明小学区の場合、名駅に行く場合は直通の路線は最寄りではないため、地下鉄を乗り継ぐか、バスを利用する形になります。

地下鉄を乗り継ぐ場合、学区の東側に住んでいたとしても、地下鉄のルートが一旦北上して東山線に乗り換える形になるため時間がかかります。

バスの場合は瑞穂区役所までバスに乗り、桜通線に乗る形になりますが、やはり朝のバスは定刻運行の面で不安が残ります。

上記の事情からすると、陽明小学区は「名駅に通勤する」という視点で言えば若干不利であるという印象は否めないと思います。
ただ、勤務地が名駅ではなく栄等の名城線沿線の場合はそこまで不便は感じないのではないでしょうか。

今回は以上です。
次回は近隣の物件価格等の相場についてご紹介します。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました