名古屋市における待機児童の状況からみた住所選び

今日は名古屋市の待機児童の状況からどこに住むか、ということを考えてみました。

以前、おすすめの学区のお話を書きましたが、今回はそれ以前の保育園・こども園のお話です。

スポンサーリンク

そもそも待機児童とは?

待機児童という言葉はテレビ等でよく聞きますが、そもそも何なのでしょうか。

 

厚生労働省における「保育所等利用待機児童」は以下のような定義になっています。

調査日時点において、保育の必要性の認定( 2号又は3号) がされ、特定教育・保育施設(認定こども園の幼稚園機能部分及び幼稚園を除く。 以下同じ。 ) 又は特定地域型保育事業の利用の申込がされているが、利用していないもの

引用元: 厚生労働省 平成28年10月18日 保育所等利用待機児童数調査に関する自治体ヒアリング 参考資料2 より

…これだけだと意味不明ですよね。

かなりざっくりと要約すると、以下を満たしているのに、認可保育所・小規模保育所・認定こども園を利用していない児童の数です。

  • 認可保育所・小規模保育所・認定こども園が必要であるという認定を受けている
  • 認可保育所・小規模保育所・認定こども園の利用申込みを行っている

ちなみに、保育施設には認可保育所・小規模保育所・認定こども園以外にも「認可外保育施設」という施設もありますが、2001年からは認可外保育施設を利用している場合は仮に認可保育所・小規模保育所・認定こども園の入所待ちをしていても待機児童に含めないルールになっています。

その他、上記内容でも待機児童数に含めない細かいルールがありますが、それは下で説明している「隠れ待機児童」のところで解説します。

名古屋市における待機児童の状況

結論から言えば、名古屋市の待機児童は0人です。

名古屋市は2014年からずっと各年4月1日時点の待機児童0を実現している都市で、これは以下のように他の政令指定都市と比較すると優秀であると言えます。


引用元: 厚生労働省 「令和元年10月時点の保育所等の待機児童数の状況について」より作成

待機児童だけを見るべきではない

上記の通り、名古屋市の待機児童数は0です。

しかし、実は
「年度の途中での入所状況」
「隠れ待機児童数」
という観点でもう少し住所選びは検討したほうが良いです。

年度途中での入所は少し厳しい

名古屋市の公式発表は無いのですが、厚生労働省が10月1日時点の待機児童数を公表しています。

その結果を政令指定都市分だけ抜き出した結果は以下の通りで、4月1日と比較するとかなり厳しい結果になっています。
これは、4月1日時点の待機児童数の集計は4月の年度替わりでの卒園者や上の年齢のクラスへの代替わりによって比較的空きが出るタイミングで行われているためです。


引用元: 厚生労働省 「令和元年10月時点の保育所等の待機児童数の状況について」より作成

他の政令指定都市に比べれば優秀な数字ではありますが、仮に名古屋に年度の途中で引っ越してくるようなケースの場合、自分の子供が待機児童となってしまう可能性は充分有り得るという事は頭に入れておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

隠れ待機児童も見るべき

こちらもテレビでよく聞く言葉ですが、
「隠れ待機児童」
も見ておいた方が良いです。

隠れ待機児童は上で触れた待機児童の定義のうち、以下の条件に当てはまる場合に、待機児童のカウントから除外される児童の事です。

  • 求職活動休止中である

→保育が必ずしも必要ではない

  • 自治体補助サービス利用

→他の保育サービスを使っている

  • 特定施設のみ希望

→入所できるのにしていない

  • 育児休業中

→保育が必ずしも必要ではない

ただ、名古屋市の隠れ待機児童の数字を見ると、待機児童のほとんどが特定施設のみ希望になっています。

この「特定施設のみ希望」というのは、他の保育施設を利用可能な状況であるにも関わらず使っていないという判断でカウントされています。
しかし、この判断は市区町村が行っているもので、
「兄弟と同じ施設に入りたかったので別の保育施設には入らなかった」
といったような個々の事情は考慮されていない可能性が高いです。

そのため、隠れ待機児童の数も見て住居選びを行ったほうが良いです。

名古屋市の隠れ待機児童の状況

名古屋市の隠れ待機児童の状況は以下の通りです。
4月1日のデータは区別に出してくれているので、そちらを掲載します。


引用元: 名古屋市「令和2年4月1日現在の保育所等利用状況について」より作成

これだけだとアンフェアなので、区別の0-4歳の人口数を使って児童 人あたりの数字で比較してみました。
※本来は0-5歳で計算すべきですが、区別の年齢別人口が0-4歳しかなかったのと、5歳の隠れ待機児童がほとんどいないことから、0-4歳の人口を使うことにしました


引用元: 名古屋市「令和2年4月1日現在の保育所等利用状況について」および名古屋市「学区別、男女別、年齢(5歳階級)別公簿人口(区別)」より0-4歳の区別人口数を用いて作成

もちろん区内でも濃淡はあるかと思いますが、このデータと、以前紹介した人気学区を参考にすると、名東区や昭和区が保育園も考慮したおすすめ住所という事になるでしょうか。

今回は保育園という視点でしたが、後日幼稚園のお話もご紹介する予定です。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました