名古屋人の地元志向の強さと生活について part1 -地元志向の強さ-

今回から2回に分けて名古屋の地域性のお話をまとめようと思います。

Part1の今回は「名古屋人の地元志向の強さ」についてまとめます。

スポンサーリンク

名古屋の人は地元志向が強い?

巷ではよく

  • 愛知・名古屋の人は生まれてから小中高大全て名古屋
  • 就職も愛知・名古屋以外考えない人が多い
  • 東京で愛知・名古屋出身者を本当に見ない

と言われ、半ば定説となっていますが、本当にそうなのでしょうか。

実は、上記の話を裏付けるデータが存在しており、

の2つから読み取ることができます。

ただ、上の2つは愛知県にフォーカスしたまとめは無いので、今回はこれを可視化したものをご紹介します。

愛知県の大学に進学する愛知県の高校生の割合

ここでは、
「愛知県内の高校を卒業した人が愛知県内の大学へ進学した割合」
「愛知県内の高校を卒業した人の進学先都道府県」
をご紹介します。

せっかくなので、他県のデータも含めてランキング形式で可視化してみました。

高校と同じ都道府県の大学へ進学した人の割合

結果は以下の通りでした。

高校と同じ都道府県の大学に進学した人の割合
高校と同じ都道府県の大学に進学した人の割合データ

出典:2021年学校基本調査「出身高校の所在地県別 入学者数」より作成

上記の通り、愛知県内の高校に通っていた人の71.3%が愛知県内の大学に進学している、という結果となり、これは全国1位の割合です。

巷で言われている通りの結果ではあったものの、個人的には「東京都の高校に通っていた人が東京都内の大学に進学する」割合より高かったのは意外でした。(しかも4%弱も差がある)

愛知県内の高校を卒業した人の進学先都道府県

71.3%の人が愛知県内に留まるというデータが出てきましたが、では「残りの人はどこに行っているのか?」というのも調べてみました。

愛知県の高校生の進学先都道府県

出典:2021年学校基本調査「出身高校の所在地県別 入学者数」より作成

やはり大学の多い東京が2位で5.2%となっていますが、3位、5位、6位には隣県である岐阜、静岡、三重が入っています
ここにも地元志向の強さが現れていると思います。

ちなみに、「東京で名古屋出身者にあまり会わない」という点に関しては、「東京の全大学入学者で愛知県の高校に通っていた人」の割合を調べると約1.3%という割合でした。
順位としては12位で低くないのですが、割合としてはやはり低いですね。

スポンサーリンク

就職先都道府県

ここでは、
「地元(在籍していた高校)の都道府県へ就職を希望するか?」
というデータをご紹介します。

この調査は既述の通りマイナビが行っているもので、若干サンプル数が少ないのですが、それなりに信頼できる数字かと思います。

こちらも、各都道府県でランキング形式にしてみました。

各都道府県の地元就職希望割合

出典:マイナビ 「2023年卒 大学生Uターン・地元就職に関する調査」より作成

結果として、愛知県の地元就職希望は74.4%の第3位でした。(全国平均53.7%)
これは地元志向の強さだけでなく、地元(愛知県)企業の強さを示した数字でもあると思うので、誇って良い結果ではないでしょうか。

なお、サンプル数が少ない都道府県もあるのでランキング化はしませんが、高校が愛知県内の人で「大学の進学も愛知県内の人」「大学で愛知県の外に出た人」の地元就職希望割合も出ており、

  • 高校・大学ともに愛知県の人が愛知県で就職を希望する割合
    →82.2%(地元進学-地元就職希望全国平均:74.1%
  • 高校:愛知県→大学:県外の人が愛知県で就職を希望する割合
    →45.3%(県外進学-地元就職希望全国平均:34.7%

となっており、全国平均よりも高い数字となっています。
大学で県外に出ていった約半数が「愛知県に戻りたい」と考えているのは意外でした。

結果として、就職という観点からも地元志向の強さが確認できました。

まとめ

まとめると、

  • 地元志向の強さは本当だった
  • 愛知県の高校生の7割超が愛知県内の大学へ進学しており、全国1位の割合である
  • 愛知県出身者は就職先としても約74%の大学生が愛知県を希望している
  • 大学で県外に出ていった愛知県出身者の約半数が就職で愛知県に戻る事を希望している

といった感じでしょうか。

これだけだと、言われている事を確認しただけで面白くないので、次回は

  • 愛知県主要大学の就職先
  • 愛知県民の収入事情
  • 都道府県別の経済的豊かさ

といった実際の生活面での状況をご紹介する予定です。

以上、今回は、
名古屋人の地元志向の強さと生活について part1 -地元志向の強さ-
についてご紹介しました。

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました