2023年以降の愛知県公立高校入試の合否判定ルールまとめ

今回は愛知県公立高校入試についてです。

昨年まで、入試改革方向性、といった記事を書いてきましたが、
「結局どうなるの?」
というまとめは作っていなかったのでまとめる事にしました。

なお、詳細な公式ルールは以下の愛知県のホームページに掲載されています。
が、読みにくいんですよね…

高等学校への入学 - 愛知県
スポンサーリンク

愛知県の公立高校入試の合否を決める要素

愛知県の公立高校入試は以下の2要素が重要になってきます。

愛知県の公立高校入試で重要な要素

この部分は以前の方式から変わっておらず、上記2要素が重要であることに変化は無いです。
変わったことはマークシート方式になったことと、試験の回数が1回になったことぐらいです。

ちなみに、調査書は実際に受け取るまであまり見る機会がないですが、令和5年の場合、以下のような様式になっています。

調査書の様式

引用元:愛知県ホームページ「令和5年度実施要項(別記・様式編)」より抜粋

みなさんが「内申点」と言っているのは④の項目で、ここが主に合否判定に使われることになります。

マークシート方式については記事の最後に少し触れます。

合否判定ルール

さて、上記2要素を用いて合否判定を行うわけですが、一言で言うと、
「調査書と試験得点を使って総合的に判断する」
というふんわりとした言い方になっています。

愛知県の公立高校入試における合否判定ルール

以前に比べてかなりシンプルになりました。
これまでは基礎資料を作る前に一度合否判定をしていたりかなり複雑だったのでわかりやすくなったと思います。

とは言え、シンプル化してもこのままだとちょっと理解し辛いので、トップ校が採用するパターンVを例にしたイメージを作ってみました。

愛知県の公立高校入試における上位校の合否判定イメージ

基本的には上図の青い四角で囲った部分の点数で校内順位を決定して合否判定していくのだと思います。
総合的な…と含みを持たせているのは何なんでしょうね?中学校内の統制のためでしょうか…

ちなみに、基礎資料作成パターンのⅣとⅤが新たに追加されたパターンで、今まではパターンⅢが上位校の採用パターンでしたね。

スポンサーリンク

内申点の比率はどうなったのか

以前ご紹介したものの再掲になりますが、上位校は以下の通りパターンⅢからパターンⅤに変更した事により、基礎資料における内申点比率も変化しています。

内申点と入試得点の比率

新しいパターンⅤでは、内申点の比率が3割を切ることになる

内申点比率が3割を下回った、という事で、問題視されていた、内申点を確保しないと上位校受験のスタートラインにも立てないというのは若干緩和されたことになります。

ただ、後述のマークシート方式の変更により、実は内申点の重要性が上がっているという意見も…

マークシート方式への変更について

合否判定ルールの部分で既に触れていますが、今回から入学試験がマークシート方式に変更されます。
これは、これまで試験を第一志望校、第二志望校で2回受けていたものを1回で済ませるルール変更があった関係で導入が決まったものです。
(記述問題の採点基準が学校によって異なる場合を想定してマークシートになった)

どんなマークシート試験になるかは、2022年の11月に問題サンプルも含めて愛知県のホームページで公開されています。

高等学校への入学 - 愛知県

この問題形式の変化をザッと見ると、

  • 数学・理科のグラフ作成問題の変化
  • 英作文が選択式に変化
  • 国語の記述問題が選択式に変化

あたりが影響が大きいように感じます。

これまで書いていたグラフは合っているものを選択する方式に変化

引用元:愛知県ホームページ「マークシートによる学力検査の問題と解答用紙の例」理科より抜粋

もし仮に、サンプルで提示された通り変化がなく、問題難易度の調整がなされないとすると、難易度は下がるのではないでしょうか。

そうなってくると上位校を狙う受験生にとってはますます「ミスのできない試験」になると思います。
つまり、入学試験における点数差がなくなるということでもあり、これは内申点の重要度が上昇する可能性がある、ということでもあります。

もちろん、前提で書いているように問題難易度の調整はなされるとは思いますが、実際に難易度の変化がどうなるかはまだ分からないので心配ですね。

====
以上、今回は
2023年以降の愛知県公立高校入試の合否判定ルールまとめ
についてご紹介しました。

「面白かった」「役に立った」という方は、Twitterアカウントのフォロー&いいねをお願いします!

皆様の参考になれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました